相方はトルネコ!

トルネコに憧れて副業を始めた彼とアラサー会社員(♂)の日常

一夜明けて

f:id:buddyoftorneko:20180227130628j:plain

ポポロです。

 

昨日書いたブログなんですが、 

 

すごく反響があって、びっくりしました。

普通のコメントに加えて、はてなブックマークでもコメントをいただけて・・・。

お恥ずかしい話ですが、よくまだ仕組みを理解できていなくて、こういったコメントの形もあるのかと・・・。

ありがたくすべて拝見させていただいています。

 

不思議なことですが、

ブログを更新したり、読んでいるばかりだと、

 

「自分と似たような境遇をもっている方は本当に実在するのだろうか?」

 

こんな疑問を抱くようになっていました。

ですが、自分が生み出したものに届いた“生の声”に実際に触れたことで、

本当にいらっしゃったんだという気づきと、

自分だけじゃなかったんだという安心に包まれました。

そういうことを感じてんのはお前だけじゃねぇぞと、

笑い飛ばしてもらったような気がしました。

うれしかったです。本当にありがとうございました。

ただ、ちょっと数字にはびっくりしてしまったってだけです。(笑)

 

本当に書きなぐってしまっただけなので、中にはお褒めの言葉をいただいたりもしたんですが、そんな大したものではありません。

それから、至極自分が落ち込んでいるように見えてしまったかもしれませんが、今は落ち着いています。

あのあと、もやもやした気持ちを払しょくするように、ジムに泳ぎに行きました。

 

水は不思議です。

水に包まれていると、余計なもの一切から遮断されて、そこに自分と水としかなくなるような気がするんです。

プールしかり、お風呂しかり。

水に触れている時間は、嫌なことも全部忘れられるんです。

まさかジムに助けられる日が来るとは。(笑)

 

とかかっこつけてますけど、別に対してもやもやすらしていません!

本当に、そんなこともあったなぁというだけ。

 

ただ残念なのは、自分はいまだにサークルの後輩の彼のことは忘れられないし、きっと会ったら好きだなって思うだろうということ。

大切な人がいるのに、です。

情けない、だらしない人間です。

トルネコさんを差し置いて、自分の中でのトップに君臨する人間なんて、この世にはもういないとわかっているんですけどね。

それだけ、若かりし頃の出会いや恋というものは、必要以上に鮮明に自分の心に残り続けているということでしょう。

 

 

 

自分のことなんて誰も気にかけやしないだろうとたかをくくっていました。

ですが、ブックマーク登録してくださったり、ふと目をとめてくださった方にはこんな態度は失礼でした。ご心配おかけしました。(?)

2月も明日で終わります。

来月からは、楽しいことをつづっていけるブログにしたいですね。

 

 

↓ よかったらクリックお願いします(m _ _)m ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ